MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

FABRIC

#1

カンボジアの大自然が生み出す優しい手織りもの

アンコールワットで有名なカンボジアのシェムリアップ。そこからほど遠い地域で、天然の素材と原料、手織りにこだわった、マルチケットやストールが生み出されています。AXCIS,INC.のために特別に作ってもらっているカンボジアの手織りものについて、この記事ではご紹介したいと思います。

2018.11.19 by AXCIS, INC.

  1. 織物が盛んなカンボジア

    何世代も受け継がれてきた伝統的な織り

    こうして積み上げられた織物の技術は、母から子に何世代にも渡って受け継がれているのです。しかし、20年以上続いた内戦により、織物の技術や伝統が失われそうになった時もありました。世代を超えて受け継いできた伝統技術を次世代に繋いでいきたいという強い想いから、現代でもすべて手織りにこだわっているのです。

    使う人、つくる人にやさしい

    マルチケットやストールは、直接肌に触れるものなので、すべて天然の素材と原料にこだわって作られています。特に天然染料は、植物を育てるところから取り組むほどのこだわりぶり。すべてが手作業のため季節や染め方にも影響され、均一なものを生み出すにも相当の苦労があるようですが、つくる人や環境に対して安心安全であることは譲れないポイントです。天然染料にしかだせない奥行きのあるニュアンスカラーも特徴で、糸も食用や薬として親しまれている植物を使って染められており、細部にまでこだわって作られています。

    王朝貴人の衣服に使われていたチュックピンク

    スオウ(蘇芳)というマメ科の木の枝を使っています。スオウは、古く中国経由で日本にも伝わり、王朝の貴人たちの衣服にも使われていたように、ピンクや赤色に近い鮮やかな色が特徴です。この植物は外傷や腹痛などに用いるほど薬効もあるとも言われています。

    僧侶の衣服に使われているスレーグリーン

    「スレーグリーン」の緑色は、ガルシニアというオトギリソウ科の酸味のある果物の実を使っています。ガルシニアの木の皮は、僧侶が身につける衣服を染めるのにも使われています。東南アジアではフルーツ・薬・スパイスとして昔から親しまれている植物です。

    薬効がある樹皮から作られるベールスレーベージュ

    「ベールスレーベージュ」のベージュは、タガヤサンというマメ科の木の葉を使っています。この葉は食用としても使われています。また、マラリアにかかった人が、樹皮を煎じて飲むと熱が下がると言われているほど、薬効があるとも言われています。

    ココナッツの殻から作られるセラグレー

    「セラグレー」のグレーは、ココナッツの殻を使っています。このように、このテキスタイルは全て作り手の身近にある植物を使って染色されているのです。

    カンボジアの大自然をデザインに

    このマルチケットやストールは、デザインも自然のものから生まれています。商品名はすべてクメール語でその自然のイメージからつけられており、「チュックピンク」の「チュック」は蓮の花、「スレーグリーン」の「スレー」はアンコールワットなどの寺院に生えている苔、「ベールスレーベージュ」の「ベールスレー」はカンボジアの田園風景の稲の色、「セラグレー」の「セラ」は寺院の石や岩という意味です。

    大人もこどもマルチケット

    一見、小さい印象のマルチケットですが、実は絶妙なサイズで使い勝手抜群。活躍のシーンも様々で、例えば、赤ちゃんや子どものお昼寝時、外遊びの時の敷物にも使えます。すべて自然のものから作られているので、赤ちゃんの肌に直接触れても安心です。付属の袋もあるので、ベビーカーにかけられ持ち運びにも便利。ギフトとしても喜ばれます。もちろん大人も使いやすいサイズです。季節の変わり目やオフィスでのクーラーで寒い時に、ひざ掛け、もしくは肩にさっと掛けても、暑くなり過ぎない、丁度良いサイズと厚みです。そして、ちょっと巻き方を工夫すれば、ストールとしても使えます。

    ストールの使い方

    約170~180cmとしっかり長さがあるので、色々な巻き方を楽しめます。厚手のコットンですが、ストールの幅は40cmと広すぎないなので、少し肌寒くなってきたような季節の変わり目にピッタリです。色んな織り方や色で織られているので、巻き方によって、様々な表情を作れます。また、テーブルセンターとしても使えます。一般的なダイニングテーブルの横幅が120~140cmなので、丁度良いサイズ感です。

    ひとつひとつに想いのこもった織りもの

    自然から生まれたデザインを、自然のもので染め、人の手で丁寧に織っていく。だからこそ生まれる、優しい色合いや心地よい肌触り。カンボジアの美しい景色や季節の移ろいを肌で感じられるマルチケットやストールは、使えば使うほど愛着がわいてきます。作り手、使い手、自然のすべてに優しい手織りものを作りたいという想いで、このマルチケットとストールを作りました。みなさんにもぜひこの大自然のストールやマルチケットの優しさ、心地よさを体感して頂きたいです。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品