MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

KITCHEN

#8

待つ時間も楽しみになるガラスのティーポット

フーっと力を抜いて過ごせるティータイム。毎日の疲れた体と心を癒すにはとても大切な時間ですよね。紅茶、日本茶、ハーブティーなど楽しみ方はみんなそれぞれですが、お気に入りの道具を使うことでより楽しく充実した時間になります。この記事では、紅茶をより楽しむポイントをお伝えします。

2018.11.19

  1. ガラスのティーポット 1.0L

    丸いフォルムの秘密

    ころんとした丸い形が特徴の「craft-u(クラフトユー)」のガラスのティーポット。ひとつひとつ職人の手で丁寧に作られており、全てがガラスで作られているこの球体は、実はなかなか見つけることができません。この可愛らしい丸い形にも訳があって、お湯を注いだ時に中の広い空間に茶葉が広がって、味がムラなく抽出でき、美味しいお茶を楽しむ事ができるので、丸い形が良いとされているのです。
    ティーポットひとつとっても、陶器のものや鉄のものなど素材は様々です。その中でガラスポットの良いところは、ゆっくりと広がってゆく茶葉の様子をのんびりと眺めたり、自分の好みの濃さを楽しんだり、待っている時間にも楽しみがあるところ。抽出されている茶葉の様子が美しい紅茶にはピッタリのガラスのティーポットです。

    基本の紅茶の淹れ方

    ここで基本の紅茶の淹れ方をご紹介します。簡単なので、道具さえ手に入ればご家庭でも同じように楽しむ事ができます。

    1.お湯を沸かす

    やかんに汲みたてのお水をいれて、しっかりと沸とうさせましょう。紅茶に向いている水は「軟水」。日本の水道水は軟水なので、ネラルウォーターを用意する必要はありません。

    2.ポットとカップをあらかじめ温めておく

    より美味しく紅茶が飲めるように、あらかじめポットとカップを温めておきます。せっかく熱々で用意した紅茶が冷たいカップで冷えてしまってはもったいないですからね。

    3.ポットに茶葉を入れましょう

    ポットを温めるために入れていたお湯を一旦流し、ポットに茶葉を入れます。茶葉は、ティースプーン1杯(2〜3g)を一人分として、人数分を入れます。細かい茶葉はティースプーンに少し山ができるくらい、大きい茶葉は山盛りに入れましょう。注ぎ終わったら、すぐに蓋をして蒸らします。抽出時間は茶葉によって変わってくるのでパッケージに書かれてある時間を参照しましょう。目安としては、細かい茶葉で2分半~3分間、大きい茶葉は3~4分です。

    4.ポットにお湯を注ぎ、蒸らす

    お湯が完全に沸とうしたら、手早く勢いよく人数分注ぎます。お湯の量は1杯あたり150〜160mlが目安です。美味しい紅茶をいただく為にはこの作業がポイント。お湯は必ず熱湯で、注ぐときは上の方から空気を含ませるように注ぎます。
    ○イギリスの有名な紅茶研究家ガーバス・ハックスレー氏が出版した『Talking of tea』によると、「理想的な温度の熱湯を注ぐと、半分以上の茶葉は上に浮かび、残りは下に沈む。しばらくすると底の葉は回りながら降り、対流し始める。そして3分後には、全ての茶葉が沈んでしまう。このとき茶葉の持ち味は全て溶け出すのである。」とのこと。この茶葉の動きを「ジャンピング」といいます。ジャンピングを上手に起こす為にも、汲みたての新鮮な熱湯を使うことと、空気を含ませながら注ぐ事が必要となってくる訳です。

    5.紅茶をカップに入れる

    時間がきたら、スプーンで軽くひと混ぜして、茶漉しで茶殻をこしながら濃さが均一になるように注いでいきます。紅茶は最後の一滴を「ゴールデンドロップ」といい、一番美味しいとされています。最後の一滴まで残さず注ぎきるようにするのがポイントです。

    紅茶の基本の淹れ方については以上です。意外に簡単に美味しい紅茶が自宅で飲めるんですよ。みなさんもぜひ試してみてください。

    Straw Pot Stand S

    ポット以外にも色々使えるアイテム

    まず熱々のポットを置く時に活躍するのが新潟のわらの鍋敷き。ずっしりとしたこの厚みが、ティーポットだけでなく鍋だってフライパンだってしっかりと受け止めてくれます。
    折角美味しい紅茶を入れたのだから自分のお気に入りのカップやコースターも欲しいですよね。このつぶつぶのコースターはフェルトで作られており、このほっこりとした雰囲気が気持ちをより和ませてくれるはずです。
    カップはPebble Ceramic Design Studio(ペブル セラミック デザイン スタジオ)波佐見焼のマグ。切り取った和紙の上から顔料を染み込ませる、伝統的な「和紙染め」という手法で模様が描かれています。大きめサイズなのでたくさん飲みたい方にもおすすめです。

    ガラスのピッチャー 35ml

    ポットと同じ「craft-u(クラフトユー)」から届く、このミニピッチャー。ミルクを少量入れたい時に最適です。特別装飾があるわけではありませんが、こじんまりとしたサイズ感にとても癒されます。

    心の余裕はティータイムから

    ガラスのティーポットで入れる、美味しい紅茶を淹れる時間。出来上がった美味しい紅茶を飲むのも至福の時ですが、ガラスのポットの中でゆれる茶葉を見るのもひとつの癒しとなるのではないでしょうか。忙しい中でもほんの一息、心も体もリセットする紅茶の時間を持つことは普段の自分の心の柔らかさを保つ一番の方法になるかもしれません。これから温かい紅茶が美味しくなる時期。ゆらゆらと踊る茶葉に癒されるガラスのポットで淹れる紅茶の時間をつくってみてはいかがでしょうか。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品