MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

INTERIOR

#32

洗練された空間に。セラミックスイッチシリーズ

アクシスのオリジナルスイッチに、セラミックのプッシュ&トグルスイッチが登場しました。モノトーンのミニマルな佇まいは、洗練された空間にぴったり。他とは違ったこだわりある部屋づくりにおすすめのアイテムです。

2020.02.28 by AXCIS ONLINE

  1. プッシュとトグル、2タイプのスイッチ

    今回発売になったのは釉薬を掛けて仕上げた磁器製のスイッチたち。プッシュとトグル、2タイプ全6商品がラインナップされています。色展開は潔いブラック&ホワイトのモノトーンで、アナログながら現代的な佇まいが目を引きます。
    磁器(じき)は石英・長石・粘土質物を混ぜたものを高温で焼成して作る焼き物で、陶器と比べると硬くて丈夫なのが特徴です。陶器の粗くてあたたかみある雰囲気とは違う、整った質感は磁器ならではのもの。モノトーンの色味も手伝ってクリーンな印象が強まります。

    セラミックトグルスイッチ

    セラミックに真鍮という組み合わせがノーブルな雰囲気のセラミックトグルスイッチ。まるで外国のホテルのような、すこし非日常の空気感を持っています。真鍮のトグルは手で触れるごとに渋い色合いに変化し、使い込むほどに愛着が増す存在となるでしょう。


    真鍮製トグルを押し上げる、カチリ、というしっかりとした手応え。トグルを上下に押す操作は慣れるととても使い勝手がよく、荷物で手がふさがっている時でも手の甲のスナップでスイッチを入れる事ができます。見た目、手ざわり、音、感覚に響く心地良さはトグルスイッチならではのもの。

    セラミックトグルスイッチ 商品内容物

    アクシスオリジナルのスイッチは、全て日本国内で生産・検品を行っています。トグルタイプのスイッチはヨーロッパのアンティークでよく見られる形ですが、漏電等のリスクがゼロではないため水周りや長時間の使用はあまり推奨できません。その点、アクシスオリジナルのスイッチはPSE取得済の安全性にこだわった製品なので、洗面所やキッチンなどの水周りでも問題なく設置していただけます。

    楽しい押し心地のプッシュスイッチ

    プッシュタイプは愛嬌のある「ポチ、ポチ」という音がとってもユーモラス。1つスイッチのマッシュルーム型タイプと、2つスイッチのプレートタイプがあります。どちらもカドに丸みがあるのでモノトーンカラーでも緊張感は無く、可愛いテイストのインテリアにも、都会的なテイストのインテリアにも合わせる事ができます。

    1つスイッチは個人の部屋やお手洗いに

    独立したお手洗いや書斎など、ひとつの照明を操作するならマッシュルーム型のプッシュスイッチを。磁器の持つ重厚感と安定感ある丸い形のバランスが、現行のプロダクトにも、アンティークにも無い個性となります。

    プレートタイプは便利な2つスイッチ

    玄関と廊下、洗面所とバスルームなど2箇所の照明を操作できるのはプレートタイプ。たとえば玄関に設置すれば、ポチポチ、と玄関と廊下の照明を点灯することができます。プレートタイプは日本製アウトレットボックス(埋め込みボックス)に取り付け可能なので、工事も比較的簡単に済むのも魅力です。

    大荷物を抱えて帰宅しても大丈夫

    プッシュスイッチは押す動作だけで簡単に照明を点灯できます。玄関に設置すれば、荷物を抱えながらでも指や手の甲だけでポチ、ポチ。どこか楽しげな押し心地に肩の力がふっと抜けます。

    セラミックスイッチは全て3路対応タイプ

    セラミックスイッチシリーズは全て3路対応です。2箇所から操作可能なので、たとえば階段の上と下、廊下の端と端などに取り付ければそれぞれの場所からON/OFFの操作をする事ができます。施工業者様にご確認いただいてから、商品を2点ご用意ください。

    取り付けについて

    セラミックスイッチはマッシュルーム型タイプと、プレートタイプで、取り付けにあたっての条件が異なります。

    マッシュルーム型タイプは日本製アウトレットボックス(埋め込みボックス)サイズに対応していないため、壁に穴を開けていただく必要があります。縦35mm×横30mm程度の壁穴が目安となり、それより大きな穴だとスイッチ本体を隠す事ができなくなってしまいます。

    プレートタイプは埋め込みBOXに対応しているので、大手メーカーのプレートスイッチと同じように設置や取り替えが可能です。

    新築・リノベーションいずれの場合も、お気に入りのスイッチが見つかったらまずは施工業者様にご相談を。新築住宅の計画段階の場合は、室内動線やインテリアの計画と併せて設置場所を考えられて、より映える場所にスイッチを取り付ける事が可能です。リノベーションなど既存のスイッチから取り替える場合も、DIYでの工事は故障や火事の危険性を伴うので、必ず電気工事士の資格を持った工事店にご依頼をお願いします。
    目立たない場所に付けられる事が多い、電気スイッチ。色や形も存在感を主張しないデザインのものがほとんどですが、AXCIS,INC.ではあえて「見せる」デザイン性の高いスイッチを提案しています。来客の方の手に触れてコミュニケーションのきっかけになったり、小気味の良い手ざわりが心地よさを与えてくれたり。洗練された空間を演出するなら、こんなミニマルな佇まいのセラミックスイッチはいかがでしょうか。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事