MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

INTERIOR

#39

居心地のよい部屋づくりに。ラタンの家具&バスケット

自然な風合いが魅力のラタン。軽くて扱いやすく、安価なのに耐久性にも優れています。ナチュラル感たっぷりのバスケットやコンパクトなテーブル&チェアは、居心地のよい部屋づくりにぴったりです。

2020.03.19 by AXCIS ONLINE

  1. 小ぶりで扱いやすい、ラタン素材の家具や雑貨

    ラタン、籐(とう)とも呼ばれるこの素材は、東南アジアなどに自生するヤシ科の植物から作られます。ツルのように他の樹木にからみつき高く伸びるこの樹木は、太さ3〜15mm、長さは200メートルを越える事もあり、軽くて柔らかく、強固な繊維が特徴です。

    ラタンならではの曲線的な座面

    ラタンは成長スピードが早く、加工がしやすい特性も相まって古くから家具や建材などの身の回りの物が作られて来ました。特にラタンのチェアは東西様々な地域で作られており、アンティークのラタンチェアは定番で人気の一脚です。手作業で生み出される微妙なカーブや、大小さまざまなラタンを組み合わせて作り上げられるチェアは、曲げ木とはまた違ったしなやかな座面が特徴的です。

    子どもから大人までフィットするかたち

    アクシスのラタンラウンドチェア&スクエアテーブルは、狭い日本の住宅事情も考えた小ぶりなサイズ感。リビングに置いておいても邪魔にならず、子どもから大人まで優しく背中を受け止めてくれます。

    ラタンの様々な部位を使って、立体的な構造のチェアを作ります

    ラタンの種類や部位によって、太さや堅さも異なります。様々な部位を組み合わせて編むように作り上げられるチェアは、最小限の構造ですが耐久性に優れています。ウッドチェアや布・革張りのチェアが「面」全体に体を預けるとしたら、このラウンドチェアは点の集合体が体を受け止めるよう。

    スクエアテーブルと並べて。

    チェアを引く時の軽さや、座り込んだ時のわずかな音が生み出すのは、自然体で優しい雰囲気。ナチュラルや和のインテリアにはしっくりと馴染み、モダンなインテリアには外しとしてアクセントになります。

    「ちょっとお茶」にぴったりのスクエアテーブル

    本を一冊、お茶を一杯。そんな時間にぴったりなスクエアテーブルは、天板、脚ともにラタンで編まれたコンパクトなサイドテーブルです。ラタンラウンドチェアとセットで使うのはもちろん、ソファやベッドサイドに置いても便利なちょうどよいサイズ感をしています。

    ラタン編み独特のでこぼこを最小限に抑えた天板

    ひも状の部位を使って編まれた天板は、編み加工独特のでこぼこを抑えて、コップやお皿が安定して置けるように平面的に作られています。スクエアタイプは壁付けもしやすく、ラウンドチェアと同じくリビングの隅や寝室でも圧迫感がありません。

    モデル身長約158cm

    下部に棚受け付きなのでティッシュケースやブランケットを置いておいたり、小さな荷物入れにも◎スペースが狭くてソファが置けないお部屋でも、こんなコンパクトなチェア&テーブルならどこかに場所を見つけてリラックスコーナーが作れそうですね。

    あらゆる用途で活躍するラタンのバスケット

    ざっくりと物を入れるだけでおしゃれに見えるバスケット、ラタンのバスケットは軽いので移動させやすく、生活スタイルが変わってもあらゆる用途に使い回せるのでいくつあっても困りません。小ぶりなフルーツバスケットはテーブルの上でお茶セットを用意しておいたり、パンや果物を入れるのにぴったりです。
    雑誌や読みかけの本を入れておくのには、ベジタブルバスケットを。A4サイズの雑誌も立てて入れられて、表紙がほどよく目に見えるので「何を入れたか分からない…」なんて事もありません。ハンドル付きなので、お弁当やお茶を入れてピクニックへ持ってゆく事もできます。

    無造作に物を入れるだけで、おしゃれに見える

    両腕で抱えるようなサイズ感で大物だって入れられるのは、オーバルバスケット。来客用にブランケットをストックしておいたり、荷物置きにしたりと、たっぷり入って見た目もインパクト大。ハンドルが両サイドに付いているので物の出し入れに邪魔になりません。
    可愛らしくて耐久性にも優れたラタンのアイテム。たくさん物を詰め込んでも、無造作にぽいと入れておいても、それが雑多にはならずに親しみやすい雰囲気が漂います。家族の集まるリビングや子供部屋、寝室まで、家中に置いて愛用してあげてくださいね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事