MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

INTERIOR

#46

まとめる、しまう。整理整頓に活躍するアイテムたち

時間ができたらやりたいなと思っていた片付けや収納の見直し。今度のお休みこそ手を付けてみませんか?今回は整理整頓に役立つ収納アイテムをご紹介いたします。

2020.05.08 by AXCIS ONLINE

  1. ローラートップにひとまとめ。

    キッチンで活躍するのは、アクシスのロングセラーアイテム「ローラートップ」。よく使うグラスやお茶セット、朝食のパンなどをひとまとめに入れておいて、使わない時はフタを閉めて目隠しも出来る優れものです。

    フタを閉めればスッキリと

    本体の前半分が可動式のフタになっているので、取っ手を持ち上げればするっとオープン。「ローラートップ ウッドベース」は本体後ろ部分に空気穴が開いているので、フタを閉めても湿気がこもらず、パンや果物を入るのに適しています。
    ローラートップシリーズはサイズやデザインも様々。キッチン以外でも、化粧道具を入れたり、細々した物をまとめておくのに使えます。写真は趣味のネイルグッズをひとまとめにin。フタを閉めてしまえば目隠しされるので、よく使う物を入れて見える所に出しておくのも良いですね。

    キッチン以外の場所でも◎

    棚の端に置いても馴染む、シンプルな形。普通のカゴや引き出しの収納と違って、フタが前面〜上半分まで開くのもポイントです。オープンにすると中身が一気に見えて物が取り出しやすいので、棚の下の段に置いても、上の段に置いても、どこに置いても使いやすい作りをしています。

    自然な風合いのパイン材スタッキングボックス

    ナチュラルな風合いが特徴のパイン材スタッキングボックス。リビングに置いておいてブランケットやスリッパを入れたり、玄関周りに置いて荷物入れ、食材や日用品のストッカーとしても使えるシンプルなボックスです。

    スタッキングボックス Sを手に持ったサイズ感

    スタッキングボックスのサイズ展開はSとLの2種類。どちらにも持ち手があるのでラクに持ち上げる事が可能です。Sサイズは浅型で器や雑貨を入れるのにちょうどよい、コンパクトなサイズ感。

    上・スタッキングボックス S/下・スタッキングボックス L

    SとLがぴったり重なる

    Lサイズをタテに置いた上に、Sサイズをヨコに並べて。S・Lどちらにも底部分にずれないための出っ張りがあります。
    Lサイズを2個積んだり、Lサイズの上にSサイズを積んだりとアレンジ自在。
    Lサイズ1個の高さと、Sサイズを2個積んだ高さが同じなので、お家に合うように自由に組み変えて使って下さいね。

    ホーローのスクエアコンテナ

    台所や洗面所、ガーデン、ガレージなど水気や汚れのある場所でもヘビーに使えるのはホーローのスクエアコンテナシリーズ。サイズはS・M・Lの3種類、カラーはホワイトとグレーの2タイプです。

    スクエアコンテナLにお菓子の買い置きを入れて

    Lサイズはたっぷり大容量。買い置きの食品をストックしておいたり、掃除用品や洗濯周りの小物を収納するのにもぴったりです。水気に強いので付け置き洗いの容器などにもお使いいただけます。
    S・M・Lは入れ子状に重ねられるので、使わない時はまとめてしまっておいても◎ 3サイズともにフタを開けた状態でも、閉めた状態でも、入れ子状に重ねられます。

    上から・スクエアコンテナ S/スクエアコンテナM/スクエアコンテナL

    スクエアコンテナシリーズの「ホワイト」は、食品を入れての使用も可能です。S・Mサイズにはマリネやピクルスを入れて冷蔵庫で保存したり、Lサイズはお庭でBBQする時に食材をまとめてのも良いかもしれません。ホーローは丈夫で傷がつきにくいので、雑菌が繁殖しにくく清潔です。
    ※同シリーズグレーは食品使用不可

    こまごましたものをすっきりと

    ガラスジャーシリーズには乾物や調味料、お茶などをしまって。中身が見えると残量も把握しやすくて便利です。懐かしくておおらかな雰囲気のガラスジャーは、キッチンの雰囲気を和やかにしてくれます。
    一度決めてしまうとなかなか変えられないのが、収納周りの物たち。生活スタイルや家族の変化に伴って、徐々に使いにくくなっているかもしれません。収納方法やアイテムを見直せば、おうち時間をより快適にすごせるかもしれませんね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事