MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

大きなガラスベースの飾り方

GARDEN

#41

お花も枝物もどっしり受け止める。大きなガラスのフラワーベース

5月、庭先やお店でも初夏のお花やグリーンが元気な姿を見せています。こんな季節にはお部屋にも少しにぎやかな植物を飾ってみるのはいかがでしょうか。今回は涼しげな色合いが特徴の、アクシスオリジナルのビッグガラスベースをご紹介いたします。

2020.05.15 by AXCIS ONLINE

  1. 安定感のあるビッグサイズフラワーベース

    すっきりと澄んでいて、中に生けた植物や水の様子がよく見えるガラス製のフラワーベース。見た目に涼しさを感じさせるので、特に夏の時期に飾りたくなるアイテムです。「ビッグガラスベース」シリーズは、少しくすんだ色合いやどっしり安定したサイズ感が特徴的で、大ぶりのお花や枝ものなども受け止めます。

    ビッグガラスベース ブルーにカラーを生けて

    初夏から梅雨にかけては緑鮮やかな背の高い植物がよく育ちます。小さかったり背の低いフラーベースだと、葉や茎を大幅にカットしないと上手に飾れない事も。大ぶりで高さもしっかりあるビッグガラスベースなら、植物にあまり手を加えず、自然な雰囲気で生ける事ができます。

    凛とした雰囲気のビッグガラスベース グレー

    優雅な花びらとまっすぐな茎の組み合わせがモダンな「カラー」、茎部分の長さをしっかり見せるとらしさがより引き立ちます。色味を抑えた灰色のビッグガラスベース グレーに生けて、シンプルでクリーンなイメージにまとめました。

    ドライになったアジサイを入れて

    生花もドライも馴染むシンプルさ

    ベース自体の主張が抑えられたデザインは、どんな植物を飾っても馴染みがよく、生花だけではなくドライフラワーにもぴったりです。ドライになったアジサイやユーカリなどを飾れば、生花とはまた違ったシャビーな雰囲気に。
    底部分のゆるやかなカーブは、同じ高さのお花を束でばさっと入れれば自然な高低差が生まれて、お花を生けるのが苦手な方でも上手に飾る事ができます。高さ約25cmと、シリーズの中でも一番背丈があるので、枝物にもぴったり。

    落ち着いた色味のブラウン

    丸みのあるシルエットが特徴的なビッグガラスベース ブラウンには、元気な黄色の「エニシダ」を生けて。落ち着いたカーキブラウンとフレッシュな黄色の対比がにぎやかで、お部屋がぱっと楽しげな雰囲気になります。

    初夏に咲くエニシダ

    まるで壷のような形は和のインテリアや、アンティークの家具などとも相性◎ カーキブラウンの色味は木材や塗り壁などの天然素材と調和します。

    アンティークのヴィクトリアンテーブルに飾って

    たとえば野草や枝物など、日本の植物とも馴染みが良いのがビッグガラスベース ブラウンです。ユニークだけれど和やかな気持ちになる丸いシルエットは、玄関や来客のあるスペースなどに飾るのにもいいですね。

    瑞々しさを感じさせるブルー

    どこか懐かしさを感じさせる澄んだ青色のビッグガラスベース ブルー。爽やかな香りの「ティーツリー」の枝をすっと挿し、ラタンのテーブルに乗せ、窓辺でリラックスするためのスペースを作ります。
    夏の海を思わせるクリアブルーは、眺めているとゆったり癒される気持ちに。旅行にゆけない時には、おうちでリゾート気分を味わうのもよいかもしれません。

    ビッグガラスベース モーブ               

    ニュアンスカラーが大人っぽいモーブ

    ビッグガラスベース グレーに飾っていた「カラー」を、短めにカットして生けたのはビッグガラスベース モーブ。シリーズの中では一番背の低い高さ約17cmの安定感あるフォルムをしています。
    ニュアンスのあるくすんだワインレッド色が大人っぽく、ダイニングやリビングなど食事シーンとも相性のよいベースです。グレーに生けた時はクリーンな印象だった「カラー」が、モーブだと女性的な女性的な雰囲気に。ベースによって植物も様々に表情を変化させます。

    左・カラー×ビッグガラス グレー/右・エニシダ×ビッグガラス ブラウン

    お花とベースのよいバランスは?

    お花とベースの組み合わせは、一体感を持たせてナチュラルに見せるなら同系色同士を。部屋のアクセントとして目立たせたいなら、全く違う色同士を選ぶのもおすすめです。ビッグガラスベースのように大きいベースは、生ける植物の長ささえ合っていれば、ばさっと生けても絵になるのが嬉しいポイントです。
    形も色もさまざまなビッグガラスベース。シンプルなタイプを選んでもよし、ちょっと冒険していつもは選ばない色を選ぶのも素敵です。お部屋のテイストに合わせて、お気に入りの一点を見つけて下さいね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事