MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

涼しげなガラスのアイテムで、インテリアを夏仕様に。

INTERIOR

#53

涼しげなガラスのアイテムで、インテリアを夏仕様に。

気付けばもう八月。お盆休みの予定をチェックしているときにふと「今年の夏は遠出もできない事だし、家の中をちょっとだけ模様替えしてみようかな」と思い付きました。どうせなら夏らしい素材を集めて、家でも季節感を感じたい!今回はスタッフがピックアップした、涼しげな雰囲気のガラスアイテムをご紹介いたします。

2020.07.31 by AXCIS ONLINE

  1. いつものコップをグラスに変えて。

    この数ヶ月自宅で食事をする回数が増えて、あらためて気付いたのが食事シーンの脇役となる「うつわ」の大切さでした。同じ料理や飲み物でも、うつわを替えればイメージも変わります。いつも同じマグカップを使っているのであれば、それをグラスに替えてみる。それだけでぐっと夏らしく涼しげな印象を与えてくれます。

    気持ち良いガラスのひんやり感

    陶器製のマグカップと違い、グラスは手に持った瞬間にひんやりした冷たさがダイレクトに伝わります。よく冷えた飲み物をグラスに注ぎ、手で持つと水滴も付いている。視覚でも触覚でも涼を感じる事ができる、夏ならではの楽しみです。
    ヒメルシリーズは本体下部分に指が引っかかる段差があり、持ちやすいつくりをしています。持ち手がないためピッチャーからグラスに注ぐ姿も優雅に見え、スマートな印象を強めます。

    来客のときにも。

    お盆など来客も多い夏の時期、暑い外から来られたお客さまに涼しいおもてなしができたら素敵ですね。

    草花はガラスベースに挿して涼やかに

    グラスだけではなく、フラワーベースもガラス製のものにチェンジしてみて。中が透けて見えるガラスのフラワーベースは、テーブルや壁に綺麗な光が反射します。
    野花やグリーンをちょこんと一輪飾るのは、まるでそのあいだに風が通り抜けるような気持ちの良さがあります。食卓や洗面所の鏡の前、玄関などに小さなフラワーベースを置いておけば、目にするたびに嬉しい気分になれそうです。
    金属のワイヤーと試験管を組み合わせたようなフラワーベースは、ひとつだけでも、連続して複数を飾っても。ドライになった草花を飾るのもおすすめですよ。

    あかりも夏仕様に模様替え

    お部屋全体のイメージを変えたいなら、思い切っていつもの照明をガラスのペンダントシェードに交換してみるのはいかがでしょうか。日本の住宅は世界でもめずらしく、照明器具の交換が手軽にできる造りをしています。お部屋の天井に「シーリングローゼット」などの電源が付いていれば、交換OK。気分に合わせて様々に照明をチェンジする事だってできますよ。(※照明の交換についてはコチラの記事より

    きらきらした輝きが目にも涼しい

    ガラスのペンダントシェードは点灯しているときも、消灯しているときも光を集めてきらきら輝きます。お部屋の中に光を集めて明るくし、空間に抜け感を出す効果も◎

    LED電球に替えれば温度もdown

    実際の室温も下げたい場合には、電球をLEDタイプに交換するのがおすすめです。LED電球は電球自体が熱を放たないので、ペンダントシェードや周囲の温度を上げません。電球から放たれる熱は案外高いので、部屋を暑くする要因のひとつでもあります。
    LED電球と白熱電球は、見た目や点灯したときの色味は似ていても、特性は全く異なります。LED電球は省エネ効果や熱くならない安全性で知られていますが、近頃は白熱電球のようにレトロでおしゃれな雰囲気の電球も増えて来ています。虫が寄って来にくいという嬉しい効果もあるので、まさに夏にぴったりですね。
    寒い季節には電球の暖かい色を見て心が安らぎ、暑い季節には澄んだ質感が気分をクールダウンさせてくれるガラスのあかり。サイズもデザインもさまざまなので、ぜひお気に入りの一点を見つけて下さいね。
    いつもより長い時間をお家で過ごすことになる今年の夏。普段はあまり模様替えをされない方も、季節を感じられる小物たちをちょこっと取り入れてみるのはいかがでしょうか。夏らしい透明感をたたえたガラスのアイテムをぜひチェックしてみて下さいね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事