MENU

FEATUREひと手間と、その先。

INTERIOR

#92

素敵なあかりを手軽に選べる。アクシスオリジナル照明セット

新築、リノベーション、お引っ越し。住まいを新たにするタイミングで、照明の買い替えを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? アクシスの照明はシェードや灯具を組み合わせて使うのが基本のスタイルですが、簡単に使える「照明セット」というアイテムもご用意しています。ペンダントライトやウォールライトなども悩むことなく選べるので、はじめて照明を購入される方にもおすすめですよ。

2021.09.17 by AXCIS ONLINE

  1. 雰囲気ある空間は、あかりの演出で。

    家やお店など、ふと訪れた先で「なんだか素敵!」と息を呑むような空間に出会う事があります。それぞれ見た目は全く異なる場所なのに、心を掴まれるあの瞬間はどこか同じ。その共通点の一つは、光の見せ方にあるような気がしています。

    自然光がさんさんとふりそそぐ古い洋館のサンルームや、夏でもほのぐらい日本家屋。暗くなっても照明で照らしきってしまうのではなく、キャンドルやフロアライトなど絞ったあかりで光と影のコントラストを作る。どこか居心地が良くて心に触れるような空間は、あかりが立体的に演出されています。

    照明は複数を組み合わせるのがGOOD

    住宅に当てはめるなら、複数の照明を組み合わせて使えばあかりの立体感を演出できます。天井直付けの大きなシーリングライトですべてを照らし切ってしまうのではなく、ダウンライトとペンダントライトを組み合わせたり、フロアライトやウォールライトを組み合わせて明かりをとる。設計士や住宅会社の担当の方と相談しながら「生活に必要な明るさはキープするけれど、一灯だけで全てをまかなわない」照明を意識してみましょう。

    アクシスの「照明セット」なら、初めてでも安心して選べます

    アクシスオリジナルの照明アイテムは、基本的に「シェード」「灯具」「電球」をそれぞれ別個で購入して、組み合わせて使用します。あえて別個で販売しているのは、コードの長さなどを自宅に合うよう自由にカスタマイズできるように。でも、初めて照明を購入する際には選択肢が多すぎて迷ってしまう!なんて声も良くお聞きしています。

    そんな方におすすめしているのが、シェード・灯具・電球など、必要なものが一度に揃う「照明セット」です。ペンダントライトやブラケットライトなど、一見難しく感じるアイテムでも安心して選ぶ事ができる。

    設計士さんや住宅会社の担当のかたにも「この照明はこの場所に使えますか?」と確認がしやすいので、間違って購入してしまう心配もありません。

    「ダイニング・キッチンには、ペンダントライトSETを。」

    ダイニングやキッチンカウンターの上には、ペンダントライトがおすすめです。ダウンライト等で全体的な明るさを保ちながら、ペンダントライトで手元に明かりを灯す。照明が低い位置に来ることによって料理やお互いの顔が照らされて、あたたかいムードが漂います。

    シンプルな正円のアイアンシェード イエンSET。

    「 アイアンシェード イエン E17 SET」は、アイアンシェード イエンに、60cmコードの灯具と、暖かな色味のLED電球を組み合わせたセットです。直径約32cmのシェードは4〜6人掛けテーブルと合わせるのにぴったりなサイズ感で、光がスポットライト的に下方向を照らします。シンプルで都会的な印象を与えるあかりです。

    正統派な形のアイアンシェード ノンラーSET

    「 アイアンシェード ノンラー E17 SET」は、アイアンシェード ノンラーに、60cmコードの灯具と、暖かな色味のLED電球を組み合わせたセット。直径約36cmのシェードは4〜6人掛けテーブルと合わせるのにぴったりなサイズ感で、光は下方向を中心に照らしながらも少し広がりがあります。傘型×マットブラックのコンビネーションが、まさにダイニングにぴったりな正統派ペンダントライトです。
    6人掛け以上のテーブルなら、ノンラーを2灯吊るしてもバランス良く収まります。お客さんを招いて食事をする機会の多いお家や、飲食店・ショップなどの照明としてもおすすめの使い方です。「アイアンシェード ノンラー ホワイトSET」は、マットで上品な白色のシェード。ナチュラルテイストのインテリアに良く似合います。

    2個以上を吊るすなら、小ぶりなペンダントセットもGOOD。

    「 アイアンシェード コーニッシュ E17 SET」は、アイアンシェード コーニッシュに、60cmコードの灯具と、暖かな色味のLED電球を組み合わせたセット。小ぶりな直径約19cmのシェードは、2個以上を多灯付けしてテーブルと合わせるのにぴったりです。キッチンカウンターの上に吊るすのにもちょうどいい、手頃なサイズ感。色展開はブラックとグレーの2色です。

    ガラスのペンダントライトはどんな部屋とも相性良し。

    ガラス製のペンダントシェードは、きらきらとした輝きや透明な存在感でインテリアの邪魔をしません。ガラスシェード にそれぞれ灯具と電球を組み合わせたセットは、ダイニング・キッチン・玄関・洗面所・お手洗いなどにぴったり。光源が直接目に入るので、目線より少し高めの位置に吊るすのがポイントです。

    「ガラスシェード プリズムSET」は、短め灯具を組み合わせて。

    「ガラスシェード プリズムSET」は、ガラスシェード プリズムに短めの30cmコード灯具、シャンデリアLED電球を組み合わせたセットです。30cmコード灯具は玄関・洗面所・お手洗いなど人の行き来が多い場所にぴったり。来客の方が使う際にクリーンなイメージを印象付けてくれます。

    「ガラスシェード ココンSET」は、ダイニングやキッチンに。

    「ガラスシェード ココンSET」は60cmコードの灯具がセットになっているので、ダイニングやキッチンカウンターの上に多灯付けをして。ほんのりニュアンスカラーのシェードは落ち着いた雰囲気で、可愛らしすぎない印象を与えます。

    「間接照明には、ブラケットセットを。」

    天井から直接照らすのではなく、壁や床などに明かりを置くイメージの「間接照明」。壁に設置するタイプのブラケットライトは、すでにペンダントライトやダウンライトなどがあるお部屋でもプラスして使う事ができます。

    ソファ横に設置して、読書灯に。キャビネットやチェストの上に設置して、ディスプレイをライトアップ。他にも様々な場所の「ここにピンポイントで明かりが欲しい」を叶える事ができる照明です。

    鉄×回転するヘッドのアイアンロールクリップランプSET

    鉄製のブラケット灯具と、コンセントから電源を取れる中間スイッチ付きソケットコード、暖かい色味の電球を組み合わせたセット。ヘッドカバー部分がくるくると回転するので、あかりの方向を変える事ができます。

    アイアンロールクリップランプはタテ向き・ヨコ向きどちらでも設置可です

    ぬくもりある木のあかり Wood Bracket SET

    同じ壁付けのブラケット照明でも、素材が変わると印象が変わります。Wood Bracketシリーズは天然木を使用した、ヴィンテージ感のあるブラケットライト。Wood Bracke本体・シェード・中間スイッチ付きソケットコード・電球がセットになったアイテムは、組み合わせが複雑なWood Bracketシリーズでもお手軽に購入をする事ができます。

    ※Wood Bracketは2021年9月現在欠品中、近日入荷予定です。再入荷の際にはInstagramにてお知らせをしますのでこの機会にフォローをお願いいたします。
    @axcis_incオフィシャルアカウント

    ペンダントライトを吊るす高さ。

    ペンダントライトを使う際に、大切な吊るす位置です。高すぎても手元に明かりが届かないし、低すぎると邪魔になってしまう。目安としては以下の位置がそれぞれに適した高さになります。

    ● 玄関・洗面所・お手洗いなど、高い位置から照らしたい…コード15cm〜30cm
    ● キッチンカウンターやダイニングなど、手元を照らしたい…コード30cm〜60cm
    ● 天井が高い部屋、低い位置に照明を持ってきたい…コード100cm〜150cm

    参照:「【You Tube】照明コードの長さを選ぼう!お部屋別、コード長の選び方」をcheck

    ダウンライトやダクトレールライトとの組み合わせについて。

    ダイニングやリビングなど広い部屋でペンダントライトやブラケットライトを使う場合、それだけでは空間全体を照らす事ができません。ダウンライトやダクトレールスポットライトなど、光量が大きいメイン照明と併せて使うのがセオリーとなります。もちろん、寝室などに使う場合はあえてペンダントライトだけでこもった雰囲気にするのも◎ 部屋と光のバランスを考えながらお選びください。

    ダクトレールライトは後からの設置も可能です

    すでに入居済みであったり賃貸住宅等で、ダウンライトもダクトレールも無い場合には「簡易ダクトレール」がおすすめです。天井電源さえあればダクトレールを後付けで設置できるので、ダクトレールスポットライト+ペンダントライト、といった使い方が可能になります。

    参照:「あかりでお部屋のイメージチェンジ。天井照明をペンダントライトに交換してみよう」の記事をcheck

    ペンダントライトのお手入れ方法


    ペンダントライトは設置後にシェードや電球を外してお掃除をすることができます。普段はエアダスターやクイックルワイパー、硬く絞った雑巾などでお手入れをしていただき、汚れが目立って来たらしっかりとお掃除をしましょう。

    他にもこんな照明セットがあります

    今回紹介した以外にも、ペンダントライトとして使える便利なセットアイテムはペンダントセットのページにて全商品ご確認いただけます。家で過ごす時間が長くなった今、どこよりもおうちの中をお気に入りの場所にしてみるのはいかがでしょうか。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事