MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

スウェーデンを代表するガラス作家エリックホグラン(1932-1998)。1953年にボダガラス工房にデザイナーとして入り、1973年まで数々の作品を発表し活躍しました。当時の他の北欧ガラス作家とは一線を画す独特の存在感があり、アフリカや南米のフォークアートにも通ずるプリミティヴなモチーフと気泡の入ったぽってりした肉厚なガラスが特徴です

FEATUREひと手間と、その先。