MENU

FEATUREひと手間と、その先。

INTERIOR

#2

ほっと安らぐ照明のはなし。紙のあかりMÅNE Paper Shade(モーネペーパーシェード)

”心と体を落ち着かせる時間をつくりたい。”日々忙しい生活を送る、多くの方が感じていることかもしれません。自宅に帰っても仕事モードが続いて神経が昂っていたり、かと思えば子どもを寝かせながら寝落ちしてしまったり。気持ちのオンとオフの中間にある「リラックス」というのは、なかなか難しいものなのかもしれません。自分の時間を持ちにくい日々ならば、帰宅後の時間に自然と落ち着けるような空間作りをしてみませんか? 今回は「MÅNE Paper Shade(モーネペーパーシェード)」についてご紹介いたします。

2018.12.26 by AXCIS ONLINE

  1. 一日の終わり、心を落ち着かせてくれる明かり

    紙でできたあかり、モーネ。電球をぐるりと覆うシェードはざらりとした厚手の紙で出来ており、電球の光が紙を通って柔らかいトーンに変わります。シェード自体がポッと発光するように灯る様子は、まるでお月様を部屋に浮かべたかのような雰囲気。電球の光が直接目に入らないため眩しさを感じず、穏やかで柔和な表情のあかりを放ちます。

    ほのあかりの心地よさ

    お部屋の照明を選ぶ際に、暗くないかを気にする事はあっても、明るすぎないかを気にする事は少ないかもしれません。けれど、実は照明選びにおいては「明るすぎない」というのも重要なポイントの一つとなるのです。

    明るい場所では、人の脳や目は強い刺激を受け続けています。人の目は明るい場所では瞳孔が小さくなり、その際に目や周辺の筋肉が収縮して実際は緊張を伴っています。しかしほんのりとした明るさの空間では瞳孔は広がって弛緩した状態となり、神経も休まる効果があるのです。

    日中、仕事や勉強をする空間では作業に支障のない明るさが必要ではあるのですが、夜は優しいあかりの空間に身を置いて心身の緊張を和らげることが重要となります。

    複数の照明を使い分けて、ちょうどいい明かりをつくる。

    とはいえ、照明を適切な明るさにするというのは実は難しい事でもあります。部屋の広さや間取り、内装、住んでいる人の好みによっても適切な明るさというのは異なるため「●㎡に対しては●ルーメンの明るさが適切」といった基準もあくまで参考となる数値でしか無いのです。

    アクシスでは照明を考える際に「複数の照明を使って、場面に合わせたあかりを作る」という方法をおすすめしています。
    ・夕方の料理や子供が勉強をする時間帯には、ダウンライトやペンダントライトといった複数の照明を点灯してハッキリ明るくする。
    ・夕食後のリラックスタイムにはペンダントライトやフロアライトのみを灯して、ゆったりくつろげる明るさにする。
    ・就寝前にはフロアライトやテーブルランプのみを灯して明かりを絞り、強い光の刺激を避ける。

    複数の照明器具を使い分ける事で生活にも区切りが生まれ、また、あかりのグラデーションによって空間全体が洗練された雰囲気に見える効果もあるのです。

    ダイニングやリビングでモーネを使うなら?

    ダイニングやリビングでモーネシリーズを使う場合は、ダウンライトやダクトレールスポットライト等を併用されるのがおすすめです。空間全体の明るさはダウンライト等で確保しておき、モーネは食卓やコーヒーテーブルの上に吊るしてスポット的な明かりとしてご使用ください。

    テーブルとのサイズ比について。

    ダイニングテーブルにモーネを組み合わせる場合、シェードの直径がテーブル横幅の1/3以下程度となるのが良いバランスと言われています。幅約140cmの4人掛けテーブルであればシェードは約46cm以下、モーネシリーズの場合は「フル」「ルーフ」「コクーン」などが適合サイズ。少し大きめですが「3灯 クラウド」「3灯 ヘキサゴン」も合わせられます。

    幅約160cm以上など多人数向けのテーブルなら「3灯 クラウド」「3灯 ヘキサゴン」や、大型タイプの「3灯 ディスク」がおすすめです。

    軽くて割れない素材だから、寝室にもおすすめです

    モーネは紙製なのでぶつかっても割れたり怪我をする心配が少ないため、寝室や和室などの裸足ですごす場所にもおすすめです。光源が紙で覆われているので見上げても眩しくなく、ベッドや布団に横になっても心地よいあかりをキープしてくれます。

    選べる1灯タイプ or 3灯タイプ

    モーネシリーズには「1灯タイプ」と「3灯タイプ」があります。「1灯タイプ」は電球1個のみ取り付け可能、明るさはほんのりと控えめで、シェードのサイズも全体的にコンパクトです。

    「3灯タイプ」は電球3個が使用でき、明るさはやや強め。プルスイッチが付属しており、明るさを全灯→2個のみ点灯→1個のみ点灯と調節も可能です。

    大型タイプはインパクト大!

    今回新たに発売された「モーネ ランプシェード3灯 ディスク」は、シェードの直径約55cmと、シリーズ最大サイズです。広いリビングダイニングや店舗など、大空間にも負けないインパクトがあります。3灯タイプはプルスイッチ紐を付け外しすることもできるので、スッキリと見せたい場合には紐を外してご使用ください。

    消灯している時も美しく

    一枚一枚手で折り上げた紙のシェードは、あかりを点けていない時でも工芸品のような存在感があります。ガラスや金属とはまた違った軽やかさ、浮遊感がお部屋に新たなテクスチャーを加えてくれます。

    ホワイト灯具とのセット販売に、リニューアル。

    今回リニューアル発売したモーネシリーズは、全てホワイトコードの専用灯具がセットになっています。別途灯具をお求めいただく必要が無いので、届いてすぐにお取り付けが可能です。※電球のみ別途ご用意ください。

    お手入れ方法

    日常のお手入れはハタキや乾性のモップ、エアーダスターなどを使って表面のホコリを落としてください。水拭きなどは避けてこまめにお手入れをしていただくと、長く綺麗な状態でお使いいただけます。
    部屋を煌々と明るくするだけではない、あかりの作用。暗くも明るくもないほんのりとしたあかりを灯す事で、日常の疲れや雑事もすっと軽くなるかもしれません。「紙」という、素材自体から優しさや柔らかさを感じ取れるアイテムを使って、ぜひご自宅を特別なリラックススペースに変えてみてくださいね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事