MENU

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

FEATUREひと手間と、その先。

GARDEN

#22

玄関アプローチとポストのグッドバランス

家を作る時、家具や照明と言ったおうちの中の事はイメージをしやすいのですが、後回しにしがちなのが家の外側=エクステリアです。エクステリアのデザインは家族の生活スタイルと密接に関わっています。たとえば、駐車場は何台分必要でしょうか?子供がいるなら遊べるような庭や芝生があったほうがいいかも?敷地の大きさや、家屋とのバランスは?等々と、家の周りのあしらいは百軒あれば百通りあるとも言えるほど多様なパターンがあるのです。今回はアクシスの新商品のポストを手がかりに、玄関アプローチ(道路から玄関までのゾーン)の計画と、アクシスのランドスケープ事業部についてご紹介します。

2019.10.15 by AXCIS ONLINE

  1. 家の顔、玄関とアプローチについて

    私達が毎日寝起きしている「家」、住宅には大まかに分けて集合住宅と戸建住宅があります。集合住宅の場合は建物周辺は住人の共有部分となり、住人や管理組合などの計画のもと造られ管理をされますが、戸建住宅の場合は住む人自身が家の周りをデザインする事ができます。毎日暮らす部屋の中の事なら、こんなテーブルがいいな、カーテンの色はこれが好み、とイメージをしやすいので悩みながらも決められますが、家の外側・エクステリア部分になるとなかなか想像が難しい事も。けれど、毎日何度も出入りする玄関周りのデザインは住み心地にも大きく関わるのです。

    ポストはどこに設置する?

    エクステリアの中でも家の顔、とも言えるのが玄関アプローチ。住宅の玄関周りに必須なのが、表札・ポスト・インターフォンの3つです。周囲に門扉やフェンスがある場合は門扉横に、フェンスなどが無い場合は道路側の門柱や玄関の近くだったり、玄関横の壁面だったりと、さまざまなパターンが存在します。住む地域やライフスタイルによって住まいのかたちも多様性があり、それぞれの家にあったデザインが必要となります。

    機能門柱か、独立型か。

    最近の住宅では表札・ポスト・インターフォンがひとつになった「機能ポール」や「機能門柱」と呼ぶタイプの製品が使われる事が増えています。それぞれの場所を考える必要がなく一度に設置でき便利なのですが、決定する前には、玄関から道路までの距離や敷地の条件をよく確認してみましょう。

    たとえば、玄関から道路まですこし距離があるケース。機能門柱を道路側に設置すると、朝新聞を取りに行くのにも玄関から出て歩いて道路まで行く必要があり、雨の日や真夏・真冬には不便を感じます。

    逆に機能門柱を家屋のすぐ近くに設置すると、知らない訪問者の方がインターフォンを鳴らすために道路から敷地内に入って来る事になり、防犯面で不安を感じるかもしれません。

    条件が合えばとても便利な機能門柱ですが、道路・玄関・駐車場等のレイアウトによっては、それぞれを独立で設置した方がよい場合もあるのです。

    アーチポスト ホワイト ※カギ部分仕様変あり

    個性ある玄関アプローチを作るには

    玄関から道路まで距離がある、他のお家とは一味違った玄関アプローチにしたいといった場合におすすめなのが、インターフォンとポストをそれぞれ独立で設置する方法です。

    たとえば玄関と道路の間にお庭があるお家や、旗竿地に建つお家のケース。表札とインターフォンは門柱に取り付けて道路側に設置し、ポストは柱・板・壁などに取り付けて玄関側に設置すれば、訪問の方は家の敷地に入らなくてもインターフォンを鳴らす事ができ、お家の方は玄関から出てすぐに郵便物を取り出す事が出来ます。

    家の玄関から道路がすぐ近く、だけど機能門柱ではなく自分らしいデザインの玄関アプローチにしたい、と言うケースなら、ポストは柱に取り付けて道路側に設置し、表札やインターフォンは玄関側や壁面に取り付けるというパターンもあります。(建物壁面にインターフォンやポストを設置する場合は別途下地の工事などが必要となるため、家作りの計画の段階で決定しておく必要があります)

    倉敷市 森の8カテン様外観(ランドスケープ事業部施工事例)

    我が家にはどんなアプローチやポストがマッチする?

    エクステリアを構成する外構部分は家が完成した後に追加や変更をするのが難しい箇所なので、家作りの時には「我が家にはどんなアプローチやポストがマッチするかな?」「夕方家に帰って来た時にどんな玄関だったら嬉しいだろう」とイメージを膨らませて、ぜひ早い段階で施工会社さんと相談をしてみて下さいね。

    まんまる屋根が懐かしいアーチポスト

    アーチポストはまるい屋根、ツヤのある塗装、レトロで可愛らしさ満点のポストです。ヨーロッパでも広く使われているこの家を模したデザインは、南欧風デザインの住宅や、個性的なリノベーション物件にぴったり。真っ赤でツヤツヤ光るこのポストを主役に外構やアプローチの構想を考えても良いぐらいですね。帰宅してポストを開けるだけで心をほぐしてくれそうです。

    (カラー展開:レッド、ホワイト)

    配色にひねりが効いたバイカラーポスト

    サイドにアクセントカラーの入った、シンプルな形のポストです。ざらっとした素材と直線的な形はモダンデザインの住宅やマンション、オフィス等にもぴったり。ミニマルながらも軽やかな色の組み合わせはヨーロッパの小都市を思わせる雰囲気を持っています。

    (カラー展開:ネイビー/グレー、ホワイト/グレー)

    トラディショナルな雰囲気で機能性も優れたワイドポスト

    シンプルなボックスシルエットのポストです。マットな質感のオフホワイトの塗装は、自然で現代的な雰囲気。シンプルナチュラル・モダンな外観の住宅にぴったりです。厚みがあるのでA4サイズの封筒や書類も入り、ダイヤル式開閉タイプなので、オフィスやSOHO等の郵便ポストとしても最適です。

    (カラー展開:グリーン、ホワイト)

    遊び心たっぷりなハウスポスト

    傾斜した屋根、植木鉢置き、遊び心たっぷりの個性派ポストです。本体は明るく楽しげなライトブルー、フラップ部分はホワイトのツートーンカラー。フラップの下にネームプレートがあるので、表札を設置できない場所でも名前を表示できます。

    屋根部分は傾斜しているだけでなく中央に溝があり水切りにつながるため、雨水を逃がします。そしてその水切り、なんと植木鉢置きの真上に位置しているので逃げた雨水が植物の上に落ちてくるんです。目にするだけでにっこりと微笑ましい気持ちになりそうですね。

    (カラー展開:ライトブルー、ホワイト)

    シンプルイズベストなベーシックポスト

    シンプルでベーシックなデザインのポストです。ツヤの無い素材とすとんとした直線的な形は、住宅、オフィス、マンション等どんな外観の建物ともマッチします。コンパクトサイズなので制限がある敷地でも設置可。スマートな雰囲気のライトグレーです。

    (カラー展開:グレー、ネイビー)

    赤磐市 Oval Home Planet様外観(ランドスケープ事業部 小屋部分施工)

    アプローチやエクステリアを計画するなら

    アクシスには、岡山市を中心にエクステリアやガーデンのデザイン・施工を承っているランドスケープ事業部があります。家作りの際、エクステリアも同じ業者さんに依頼する事もあれば、エクステリア部分のみ専門業者に依頼する事も可能です。ハウスメーカーや工務店とは違った視点の提案が欲しい、理想のお庭や玄関アプローチを作りたい、と言った場合には一度専門業者に相談されてみるのはいかがでしょうか。

    アプローチ沿いに多種多様なグリーンを植栽

    アクシスのランドスケープ事業部は南欧スタイルの様におおらかでナチュラルなガーデンや、倉庫のようなインダストリアルな雰囲気の外構などを得意としています。今回ご紹介したようなポストや、アプローチ周りの様々なアイテム、表札やガーデンライトなどアクシスではさまざまなエクステリア関連の商品を販売中。他では見つからないデザインの小物でエクステリアを作り上げたい方は、どうぞお気軽にご連絡ください。

    【お問い合わせ先】
    〒700-0951 岡山市北区田中134-105
    TEL:086-250-0890
    E-Mail:classic@axcis-inc.com
    担当:田村

    ※ご連絡の際は、ランドスケープ事業部までお問い合わせの旨お申し付けください。
    ※現在、ランドスケープ事業部は岡山市を中心にご相談をお受けしています。遠方のお客様は対象外地域の場合もございますので何卒ご容赦ください。
    夕方、家に帰って来た時に玄関や庭の雰囲気が良いとほっと安心できそうですね。設置方法によっては住み心地に大きく関わる玄関とポストの位置関係、どんな暮らしがしたいかな?と思いを巡らせて、グッドバランスを見つけて下さいね。

SHARE

PICK UP ITEMS特集で紹介した商品

FEATUREアナタにおすすめの特集記事